キャンプで使った「寝袋」手入れしないとどうなる? 意外と知らない「お手入れ」の方法とは

    fc2blog_202109141346467a8.jpeg

    年に数回の使用なら寝袋は洗わなくてもOK!

     キャンプで毎回、快眠をサポートしてくれる「寝袋」。使えばそれなりに汗もかくし、1シーズンに1度は洗濯しなければならないのか? そんな疑問を持っている人もいると思います。確かに使い込んでくれば、洗濯をしなければならなくなると思いますが、どれくらいの頻度で洗濯すればいいのでしょう?

    意外にも「夏の延長線上」じゃなかった!「秋キャンプ」を楽しむ「コツ」って何?

     寝袋を洗濯する回数は、30~50泊したら1回という目安があります。これに当てはめて考えると、年に3回、1泊程度しかキャンプをしない人なら、10年以上洗濯しなくてもOKということになります。このくらいのペースでキャンプを楽しむ人のなかには、寝袋を洗濯しないという人もたくさんいます。 でもこれは、日ごろのメンテナンスをきちんとしていればの話。使ったら使いっぱなしでは、カビや臭いの元になってしまうだけでなく、寝袋本来の性能も発揮できなくなってしまいます。

     では、どのようにメンテナンスをすればいいのでしょう? ここでは誰でも気軽にできるメンテナンス方法を紹介していきましょう。

    干してから収納するのが基本

     人は寝ているあいだにコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。とくに暑い夏の夜は、その倍以上も汗をかくそうです。そんな汗を含んだ寝袋をそのままにして収納してしまうと、カビや臭いの原因になります。

     キャンプの撤収時、寝袋を収納する前に必ず干すようにしましょう。湿気をきちんと取り除けば、寝袋の長持ちさせることができます。 寝袋を干す際にハンモックやコットがあると、簡単に干すことができます。なければテーブルやクルマのドアなどに掛けて干すのもいいでしょう。

    表面が汚れていたら部分洗い

     寝袋の表面が汚れてしまったら、ぬるま湯で湿らせたタオルなどで拭き取りましょう。汚れがひどい場合は、洗濯用の中性洗剤を付けて、スポンジや歯ブラシなどで部分洗いを行えば落とすことができます。 洗い終わったら、乾いたタオルなどでしっかりと水分を吸い取り、陰干しをして乾かしましょう。

    臭いや汚れが気になったらクリーニング店へ

    「ひどい汚れが付いてしまった」「臭いが耐えられない」「購入当時よりふっくらしていない」といった場合は、寝袋の洗濯が必要です。自宅でも洗濯が可能ですが、専用洗剤を使わなければならなかったり、湯船で押し洗いをしたり、乾燥に何日もかかったりと作業が大変。ひとり分ならまだしも、家族4人分となれば1日仕事です。しかも高価な寝袋ほど、自分で洗濯して失敗したくありませんよね。

     そこでおすすめしたいのが、クリーニング店への依頼です。寝袋のクリーニングを行っているお店なら基本的には失敗もないし、生乾きであとあとカビが生えてしまったなんてこともありません。 近所のクリーニング店や宅配クリーニング、メーカーのクリーニングサービスなどがあるので、気になる人は料金や仕上がり日数などを比較してみましょう。

    丸洗い可能なモデルの購入を検討

     自分で洗いたいけれど、面倒なのはイヤだという人は、洗濯機で丸洗いが可能なモデルの購入を検討してみましょう。洋服を洗濯するように気軽に洗えるので、家族分の寝袋を洗濯するのも苦になりません。 すでに持っている寝袋は丸洗いできないという人は、寝袋の内側に入れて使う「インナーシーツ」を使ってみましょう。汚れてもインナーシーツだけを洗濯すればいいので簡単。もちろん寝袋も汚れにくくなるので長持ちします。

     愛着ある寝袋は、丁寧に使って長く愛用したいもの。そのためにも、日ごろのメンテナンスや上手な使い方を実践して、長持ちさせるようにしてください。



    スポンサーサイト



    コメント