パーサヴィアランスがついに最初の火星の岩石サンプルを手に入れました

    210908MarsRock-w1280.jpg

    パーサヴィアランスにとって、3度目ならぬ2度目の正直!

    火星を探査するパーサヴィアランスは8月初旬に1回目の岩石サンプル採取を試みるも、サンプルチューブが空っぽだったため失敗に終わっています。しかしNASAは現地時間の月曜、パーサヴィアランスがArtubyと呼ばれる稜線を探査中に、初めて火星の岩石サンプルの収集と保管に成功したと発表しました。900メートルに及ぶこの稜線は、ジェゼロクレーター(パーサヴィアランスが降り立った火星のクレーター)の露出した基盤岩のもっとも深くてもっとも古い層を含有すると考えられている地域に隣接するとのこと。

    鉛筆よりも少し厚みのある岩石サンプルを得るための工程は先週の水曜日に開始されました。その日、パーサヴィアランスはロボットアーム先端の回転式ドリルを使って、NASAが“Rochette”と名付けた書類カバンのような形をした平らな岩石のコアリングを行なったのです。

    スポンサーサイト



    コメント