兵庫県北部6キャンプ場がひとりキャンプ定額使い放題サービス

    そろ
    コロナ禍で、大自然の中ひとりでキャンプを楽しむ「ソロキャンプ」の愛好家が増える中、県北部のキャンプ場は、定額で何度も利用できるサービスを導入するなどこうした顧客の獲得に力を入れています。

    コロナ禍で、密を避けて大自然を楽しもうとひとりでキャンプをする「ソロキャンプ」が全国的にブームとなる中、豊岡市など、県北部の6つのキャンプ場は、こうした需要を取り込もうと、合同で、今月から新たなサービスを始めました。
    1万6500円を支払うと「ソロキャンプ」であれば、6か所のキャンプ場を平日に限って、どこでも、何度も利用でき、期限は11月19日までとなっています。
    このうち、豊岡市日高町のキャンプ場では、さっそくこのサービスに申し込み、日帰りのキャンプを楽しむ人の姿が見られました。
    赤穂市から訪れた女性は「ひとりでキャンプに月に数回出かけますが、県北部は遠い印象があり、来たことがなかったのですが、サブスク(定額サービス)がきっかけで初めてこのキャンプ場を利用しました。6か所すべてに行きたいです」と話していました。

    スポンサーサイト



    コメント