“渋沢栄一” 肖像 新1万円札印刷始まる 偽造防止に最先端技術

    20年ぶりに新しくなる1万円札の印刷が、1日から始まった。 財務省は偽造防止のために、およそ20年ごとに紙幣を作り直していて、新しい1万円札は、傾けると3Dで実業家の渋沢栄一の肖像が浮かび上がる「3Dホログラム」を世界で初めて紙幣に使うなど、偽造防止対策が施されている。
    財務省によりますと、新しい千円札と五千円札はことし秋ごろから印刷を開始し、ATM・現金自動預け払い機などでも新しい紙幣が識別されるよう調整したうえで、2024年度上半期に発行する予定です。
    9ece5f57c1dfcb9082ba87c9ab3ae6ef.jpg

    NHKNEWS




     
    スポンサーサイト



    コメント