「冬キャン」がもっと楽しくなる! 初心者が意外と知らない「キャンプ向けストーブ」のウンチク

    20210917-00010000-amweb-000-2-view.jpg

    初心者でも大丈夫! 冬キャンプの防寒対策はストーブがおすすめ

     灼熱の夏も勢いを潜め、心地よい秋の風が吹き始めた今日このごろ。キャンプには最高の季節を迎えたのだが、秋から冬に向けてのキャンプで最も重要になるのが「ストーブ」の存在である。気温が下がり始める今だからこそ、自然と共存し厳しい環境を快適に過ごすためのマストアイテムをしっかりと理解し、手に入れておくことが重要になる。



     そこで、今回はキャンプで使えるストーブについてじっくりと考えてみたいと思う。

    就寝までの時間を暖をとりながら寛ぐためのマストアイテム

     ひと口にストーブといってもその種類はさまざまだが、まず知っておくべきはその必要性だ。「キャンプ向けストーブ」はその名の通りキャンプで使用するストーブであり、気温が下がるフィールドで暖を取るための暖房器具である。 テントの外では焚き火を使って体を温めるのは定石だが、テント内で焚き火をするわけにはいかない。寒い就寝時にはシュラフに潜り込めば良いのだろうが、テント内でキャンプ談義やのんびりと過ごすためには快適な室温を維持する必要がある。そんなときに役立つのがストーブであり、欠かすことのできないマストアイテムなのだ。

    キャンプ用ストーブにはどんなタイプがあるのだろうか?

     では、キャンプで使えるストーブにはどんな種類があるのだろうか? キャンプに適したストーブを語るうえでもっとも重要になるのが、熱を生み出すための燃料の違いだ。燃料の種類には大きく分けて4つが存在し、もっとももポピュラーなものが「石油ストーブ」であり、次にカセットコンロに使用するCB缶やシングルバーナー用のOD缶を使う「ガスストーブ」。そして、ログハウスの定番である「薪ストーブ」や最近ではポータブル電源を使った「電気ストーブ」も普及しつつある。 そのほかにも練炭や炭を使う熱器具も存在するが、テント内では一酸化炭素中毒になる恐れが高くそれほど普及はしていない。

    一長一短ある各タイプのストーブからスタイルに合ったものを選びたい

     では、各燃料を使ったキャンプ向けストーブのデメリットを考えてみよう。雰囲気抜群の薪ストーブはテントで使用できるコンパクトなアイテムも市販されているが、煙突の設置や専用テントが必要になることもあり一般的ではない。 また、CB缶やOD缶を使ったストーブはコンパクトで利便性に優れるのだが、発生する熱の量が小さいことと燃料コストを考えると、最小限度のバックパックで行うソロキャンプ向けといえるだろう。 ポータブル電源を使った電気ストーブは利便性が高いこともあり人気が高まっているのだが、電気ストーブは消費電力が大きいことが最大のネック。要するに電気ストーブを使うには「大容量=高価」なポータブル電源を用意しなければならない。最後に石油を使ったストーブのネックはストーブの大きさになるのだが、キャンプサイトまでクルマが乗り入れ可能なオートキャンプであれば問題はないはずだ。 最近ではキャンプメーカーがアウトドア用のコンパクトな石油ストーブを手掛ける用になってはいるが、残念なことにバックパックで持ち運べるほどのサイズではない。

    手軽に使える石油ストーブがおすすめだが使用には注意!

     持ち運ぶのに多少の不便さはあるものの、オートキャンプでもっとも頼りになるのが石油を使ったストーブということになる。石油ストーブは火力も強く、日本全国のガソリンスタンドでも入手できる灯油は購入の手軽さと燃料コストが安いのも大きな魅力となる。 テント内でも手軽に使える石油ストーブだが、火傷に注意するのはもちろんだが換気にも注意を払うこと。不完全燃焼による一酸化炭素中毒の死亡事故が頻発しているので、念のため一酸化炭素警報器(計測器)を備えておくと安心だ。そして化学繊維でできているテント生地にダメージを与えない距離を保つことも忘れないでほしい。

    全方位を暖めてくれる対流型ストーブがキャンプには最適

     キャンプに石油ストーブが最適なことがご理解頂けたと思うが、石油ストーブにも色々なタイプが存在する。一般的な家庭で使われている箱型ストーブ(反射型)をアウトドアに流用しても問題はないのだが、箱型のストーブのデメリットは反射板が正面を向いているために裏側には熱が放出されない。そう考えるとキャンプでは対流型と呼ばれる筒型のストーブがおすすめだ。 対流式ストーブをテントの中心に置けば全方位に熱を放出してくれる。メーカーとしては信頼性の高いトヨトミやコロナの人気が高く、雰囲気を楽しみたいマニアはアラジンを指名することが多い。小窓から見える炎のゆらぎが照明のひとつとなり、とくにアラジンの青い炎は独特の雰囲気を醸し出してくれる。気になる燃焼時間は7~10時間程度のストーブが多いのだが、購入する場合にはデザインだけでなく燃焼時間もしっかりと確認するべし。

     また、カートリッジ式の燃料タンクが主流の箱型(反射型)とは違い、対流型は本体自体に燃料を注ぐタイプが多い。給油の際には火を消し、テントの外に本体を運び出してから灯油を入れること。火事や事故を防ぐためにも火が着いたままテント内で給油をするのは厳禁だ。 気温が下がる秋から冬のキャンプで石油ストーブは強い味方になる。寒さに震える修行のようなキャンプから解放され、暖かなテントでのんびりと過ごす時間は珠玉のひと時になるはずだ。








    スポンサーサイト



    コメント