『ONE PIECE』作者・尾田栄一郎氏、完結への決意「物語は終盤です。」 連載24年目で100巻到達

    人気漫画『ONE PIECE』(ワンピース)のコミックス第100巻が3日、発売された。連載24年目で大台となる100巻に到達したことを記念して、3日付の朝日新聞、読売新聞、毎日新聞の朝刊では新聞広告が掲載され、作者・尾田栄一郎氏の「物語は終盤です。」と完結に向けた決意の言葉や、作業場で筆を走らせている姿を見ることができる。

    wannpi.jpg

    今年1月に連載1000話を迎えた際、尾田氏は「冒険はここへ来て、最終章に片足をつっこんでます」と明かしたうえで、「やーもー いろんなことがありすぎた23年でした。僕の人生の半分が週刊連載。笑 ルフィたちもいくつもの島へ航海し、いくつもの冒険をしてきました。出会った人たちの数はもうわからない!」と振り返りながら、「その裏で僕も、たくさんの人たちに出会い、家族を始め数えきれない人たちによって支えられてきました。いろんな人たちに頭があがりません」と感謝。 

     また、作家としての持論として「読者にも忙しい人生があり、『読者は5年で入れ代わるもの』それが長期エンタメのセオリーです。だから僕は読者をあまりファンと呼ばないようにしてました。いつか去っていく人達だと自分に言い聞かせてたからです。『おごるな』と」と打ち明けていた。


    スポンサーサイト



    コメント