"テント切り裂き”に盗難…ブランド志向のキャンプブーム下で相次ぐ被害 「防犯意識」共有を【北海道発】

    20210919-00333307-fnnprimev-000-1-view.jpg

    コロナ禍で高まるキャンプの人気。様々な道具をそろえて本格的に楽しむ人も増えている。一方でキャンプ用品の盗難被害も発生している。どうしたら防ぐことができるのだろうか?

    椅子やランタンなどが盗まれる “自衛”が必要な状況に
    家族連れでにぎわうキャンプ場で、楽しい時間を台無しにする事件が発生した。
    パークゴルフ場をリニューアルした北海道恵庭市の「メイプルキャンプ場・RVパーク」。たき火が楽しめ、レンタル品も豊富で家族連れに人気だ。そこで発生した事件とは…。
    img_dc27bcbf83cb5aef2fd0ef92612dad49107417.jpg
    メイプルキャンプ場・RVパーク 大藤義賀社長:
    テントが20~30センチ切り裂かれた。そのほか5~6件、物が盗まれた。「気をつけて下さい」という声かけはするが、警備員を配置するわけにもいかない。防犯カメラを設置するにしても、この広さなので対策は難しい

    椅子や鍋、ランタンなどが盗まれたというのだ。こうした被害が各地のキャンプ場で起きているという。

    img_03738c04a995664b632a88c54b91442b92459.jpg

    利用客:
    ランタンなど軽いものは盗まれやすいと聞いたので、テントに持ち込んだり、車に積んでロックをかけたり気をつけている
    img_729b0afa4fbc689674fc1077e95445dc102398.jpg

    利用客:
    連泊していると途中、テントを離れることがある。風呂に行ったり買い物に行ったりした時に盗まれると、どうしようもない



    スポンサーサイト



    コメント