割れていたり、変な形も スペインで「不細工トマト」コンテスト

    20210916-00010004-reutv-000-2-thumb.jpg

    スペイン北部トゥデラの街で毎年恒例の「不細工トマト」コンテストが開かれ、農家の人々が不格好なトマトの勝者を決める闘いを繰り広げた。優勝者にはイベリコ豚の生ハムが贈られた(ナレーションなし)。

    スペインで最も不格好なトマト――?

    スペイン北部トゥデラの街で、数十軒の農家が毎年恒例の「不細工トマト」コンテストに参加した。
    参加者はマルマンデ種のトマトを提出。「トゥデラの不細工トマト」として知られる。

    参加者のサントス・マルティネスさん
    「不細工なトマトができるのは、ハチに受粉してもらうから。ハチは花粉を運ぶのだが、今回は何かに間違いがあった」

    参加者のマリソル・マルティネスさん
    「コンテストに参加するために、不細工なのを育てたわけではない。たまたま不細工なのができただけだ」
    ビセンテ・マルティネスさん
    「偶然の産物だよ」

    優勝者にはイベリコ豚の生ハムが贈られた。



    スポンサーサイト



    コメント